顔汗を抑える方法

顔汗を抑える方法を探したけど良い方法がみつかりませんでした

顔汗を抑える方法を探してましたが、なかなか良い方法が無くて悩んでいました。特別に顔に沢山の汗をかいていたから悩みは小さくは無かったです。緊張すると顔に水を浴びたみたいにビショビショという感じだったんです。

 

緊張しやすい性格なので、仕事で緊張するたびに特に顔に汗が吹き出てました。精神的に緊張すると手に汗を沢山かきじゃないですか。それと同じ感じで顔の汗が沢山出てたんです。性格だから自分ではどうしようもなくて、心療内科を受診したこともありました。

 

検査では甲状腺の病気も糖尿病もなかったので、緊張しやすい性格と運動不足が汗をコントロールする自律神経を不安定にしていると診断され精神安定剤が処方されました。

 

しばらく飲んでみたんですが、余り効果が感じられなかったです。1か月続けても汗を抑える事が出来なかったので、病院には自然にいかなくなってしまいました。

 

顔には制汗スプレーもシートも使えません

 

顔汗はハンカチぐらいしか使えない

精神的な発汗は普通にあることですが、顔にたくさん出ると人目がとても気になりますよね。その時制汗シート使うと化粧は崩れるし、使いすぎると敏感肌なので皮膚がヒリヒリして炎症を起こしたこともありました。だからハンカチで軽く抑えるぐらいしか対策できなかったんですよね。

 

汗は体温を調整するという役割があるので、汗を出さない事ばかり考えて何かするのは良くないんだろうなとは考えてました。でも顔だけは汗をとめないと仕事に差し支えるし、人目が気になってかなり辛いものなんです。それに顔汗を止めても顔以外の部位の汗が少し増えてカバーするので問題もないこともわかりました。

 

制汗剤を使ってみようと考えて色々探しましたけど、顔の皮膚はデリケートなので炎症を起こしたり乾燥したりするものは使わないと決めてました。

 

一番悩んでいたのが仕事に集中できない事だったんで、手軽に使えて早く効くものが欲しかったです。汗が出そうと感じたたら、すぐに化粧の上から使えないと余り意味がないですよね。

 

制汗剤は汗腺に栓をするものが多いんですが、私のように汗が多いと栓が外れて一度に大量に吹き出てしまいます。顔の汗腺に栓をして外れたらとんでもないことになるでしょう。

 

それで顔専用の制汗剤を探しましたけど、見つかりませんでした。無いんだとガッカリしてた時に、日本初の顔用制汗ジェルクリームサラフェが発売されると知ったんです。

 

顔汗専用のサラフェ

 

顔専用が発売された時には胸が躍りましたが、すぐにうーんと考え込みました。サラフェは結構いいお値段がしたからです。こんなに高いのに効果がなかったらどうするのと、考えても仕方ないことでストップしてしまったんです。

 

でも気持ちが落ち着いてくると、迷っている場合じゃない、顔汗を止めたかったんじゃなかったの!という思いがまた湧いてきたんです。60日返金保証があったのでその日のうちに決めました。

 

サラフェを3か月間使った感想

 

サラフェ

届いたサラフェは思ったよりも小さくて、制汗剤ともわからないお洒落な容器だったので、人に見られても違和感がないなとちょっと嬉しかったです。

 

使ってみたのは次の日の朝、化粧のベースとして塗りました。小豆大を指先にとって塗るとスーッと伸びたのですごく塗りやすかたです。

 

塗ったその日は営業があったので心配でしたが、汗の量はいつもより少ない感じでした。それから3〜4日後にはお昼にもう一度塗りなおせば、夕方までほぼほぼ大丈夫でした。

 

1か月たった頃でも、営業で得意先回りをする時には、さすがにいつもより出てましたが、「汗少なくなりましたね。」と言われることもありました。

 

3か月使ってきて、汗が出たらどうしようという不安な気持ちが少なくなってきたせいか、得意先に行く前に塗っておけば殆ど顔汗が出なくなりました。今では得意先の方から「汗が出なくなったんですね。」と喜んで貰えるようになりました。

 

>>顔用制汗ジェルクリームなら【サラフェ】